よくある質問

コンタクトレンズではダメですか?

コンタクトレンズの使用は自己管理ができる中高生頃からがおすすめです。トラブルの際や装用時間短縮のため、眼鏡も必要になります。

子どもの視力が低下しています。「仮性近視は治ることもある」と聞いたことがあるのですが、本当ですか?

仮性近視は「偽近視」と呼ばれることもあり、子どもに多くみられる症状です。本当は近視ではないのに、近くの作業を長時間することでピントが近くに合ったままになり、近視のような見え方になっている状態を指すのですが、本当のことはよくわかっていません。調節が上手くできていないために起こる症状なので、「治る」という表現は適切ではないかもしれません。

調節麻痺薬などを点眼して目の筋肉の緊張をほぐすと、本当の近視か、仮性近視かを調べることができます。その結果に応じて、適切な対策をとっていきます。ちなみに「遠くを見たら近視が改善する」ということもよく言われるようですが、これも子どもによって違い、一概に正しいとも間違っているとも言えません。近視が気になりだしたら、民間療法に頼らず、眼科専門医に相談するのがおすすめです。

どのくらいまで視力が落ちたらメガネが必要ですか?

眼が悪いと感じた時は、早めに眼科を受診しましょう。一般的な近視とそうでない場合と見分ける必要があります。状況に応じて、眼鏡をかけ始める時期も違ってきます。例えば、強い遠視等の場合には、弱視予防のため早いうちから眼鏡をかける必要があります。6歳までが視力の発達に重要な時期と言われていますから、3歳児健診などで引っかかった場合には、早めに眼科を受診しましょう。

一般的な近視の場合は「生活に支障をきたすかどうか」という点を目安にされるとよいでしょう。お友達の顔を見分けられない、といった状況はお子様の育ちの上で好ましくありません。眼を細める等の兆候が見られたらすぐに眼科を受診するようにしましょう。

 

 

ページトップへ