よくある質問

生命保険の医療給付は受けられますか?

生命保険にご加入の方で、契約内容によっては給付金を受け取れる場合があります。まずはご自身のご加入している生命保険会社にご確認ください。※診断書を作成する際は、一通につき5,400円(税込)がかかります。

 

レーシックは医療費控除の対象になりますか?

医療費控除とは、1月から12月までの1年間に、本人や生計を一にする親族が支払った医療費の合計が10万円を超える場合(所得が200万円以上の世帯)または総所得の5%以上の場合(所得が200万円未満の世帯)に税金が還付されるという制度です。控除の申請には領収書が必要になりますので、大切に保管してください。また、医療費控除の対象になるかは、お住まいの地域税務署にお問い合わせください。

例)iDesigniLASIK(アイデザインアイレーシック)をした場合の医療費控除の計算方法
手術代金32万円-(※保険等でもらった手術給付金)-※1(10万円)×税率
※1:所得金額が200万円以上は10万円、200万未満の場合は総所得の5%の金額

上記の計算方法で、還付金額が算出できます。
課税対象となる所得の金額により税率が変わりますので、以下を参考にしてください。
課税対象となる所得~195万円 : 税率 5%
課税対象となる所得~330万円 : 税率 10%
課税対象となる所得~695万円 : 税率 20%
課税対象となる所得~900万円 : 税率 23%
課税対象となる所得~1,800万円 : 税率 33%
課税対象となる所得1,800万円超 : 税率 40%

健康保険は使えますか?

レーシック手術は、保険適用外の自由診療にあたります。健康保険は使用できませんので、ご了承ください。

レーシックをすると老眼になりますか?

一般的に40歳を超えると老眼になり始め、45~50歳で自覚されるようになります。老眼とは、ピント調節がうまくできなくなる状態です。レーシックをすることによって、眼鏡をせずに遠くが見やすくなるため、近くを見るには眼鏡が必要となります。コンタクトレンズで矯正しても同じことが生じます。近視で老眼を感じていなかった人がレーシックで視力がよくなり老眼を自覚すると、老眼が早まったような感覚になるということです。

お酒、タバコはいつからいいですか?

飲酒は傷の治りが遅くなりますので、1週間はお控えください。喫煙は翌日から可能ですが、煙のこもるような場所ではできるだけ避けてください。

車の運転はいつからできますか?

視力が回復していれば可能ですが、見え方に慣れるまでは運転に十分注意してください。手術後はしばらくドライアイになりますので、長時間の運転はお控えください。また手術後、夜間にハロー・グレアという症状がでる場合がありますので、この症状に慣れるまでは運転をお控えください。運転免許証の条件に「眼鏡等」とある場合、条件変更の申請が必要となります。

仕事はいつからできますか?

術式によって異なりますが、室内の事務作業程度であれば翌日の診察終了後から可能です。ただし、ハードワーク、屋外での作業は1週間後からにしてください。職種により異なりますので医師にご相談ください。

視力が戻ることはありますか?

ほとんどの方は、視力の戻りはありません。しかし、元々近視(乱視)が強い方や手術後の生活環境によっては、近視(乱視)が少し戻ることがあります。仮に視力が低下しても、追加矯正を行うことで視力は回復します。術後に眼疾患が発生した場合や術後の眼の状態によっては、再手術が難しくなることもあります。

レーシックの後遺症・合併症はありますか?

レーシックの安全性は非常に高く、多くの方は術後問題なく過ごしていらっしゃいます。なかには、術後にドライアイ、夜間の見えにくさなど不具合を感じる方がいらっしゃいますが、これらの症状は個人差によるものが大きく、多くの場合徐々に改善していきます。重症な合併症として感染、角膜拡張症などが挙げられますが、発生頻度は極めて低く、適切な衛生管理や適応判断により、さらに低下させることができます。

手術は痛くないですか?

点眼麻酔を使用して手術を行います。眼に器具を装用する際に不快感を伴う方がいらっしゃいますが、多くの方は痛みを感じることはありません。また術後の痛みには個人差があります。麻酔が切れたときに、眼がしみるような痛みを多少感じる方もいらっしゃいますが、数時間で解消します。

ページトップへ