眼瞼下垂|福岡市の眼科|白内障・網膜硝子体手術・緑内障手術|望月眼科

よくある質問

腫れぼったい目だが、すっきりとした目になりますか?

目は開くようにはなりますが、上記のように腫れぼったい目の方はどうしてもはれぼったさが残る場合が多いです。パッチリした目になるのは難しいです。

手術した後、どのくらいすると自然な状態になりますか?

大体1ヶ月で目立たなくなります。3ヶ月くらいすると自然な状態になり分からなくなることがほとんどです。

洗顔はいつから良いですか?

数針縫合しますが、傷が開いて菌が入らないよう抜糸するまでは1週間洗顔はおすすめしません。首下シャワーは翌日から可能です。

抜糸は痛いですか?

痛くありません。

術後に顔がきつくなった方がいますか?

垂れ下がった目元というのは優しい、穏やかな印象を与えます。それが垂れ下がった目尻がぱっちりとなり、一重だった人が二重まぶたになると、よく言えば「きりっとした目元になり若返った」ともいいますが、見慣れないせいもあり「手術して顔がきつくなった、前の方がよかった」というとらえ方にもなります。

また、腫れぼったい目というのは術後どうしても不自然さがとれない場合がありますのであまり手術を勧めておりません。 ここは重要なポイントなのでしっかりと理解した上で手術を検討してください。

手術後眼が腫れますか?

麻酔の注射で皮下出血(青タン)が起こることがあります。程度にもよりますが、1~2週間で目立たなくなります。

手術したら眼がぱっちりになりますか?

ほとんどの方は問題なく眼が開くようになりますが、瞼(まぶた)を上げる筋肉(挙筋)自体が非常に弱っている方は瞼(まぶた)の上がりが弱いことがあります。挙筋の機能を精一杯使っても瞼(まぶた)が上がりにくい方は額の筋肉を使って眼を開けるという別の手術が必要となります。

ページトップへ