多焦点眼内レンズ(老眼・老視治療)

多焦点眼内レンズについて

保険適用の単焦点眼内レンズは、遠方もしくは近方のいずれでしかピントが合いませんので、多くの方は術後に眼鏡が必要になります。一方、多焦点眼内レンズは、遠くと近くの両方が見えるレンズのため、眼鏡に依存しない生活の時間が多くなります。尚、多焦点眼内レンズでは、2007年に厚生労働省により先進医療※に認定されています。

※先進医療とは、国民の安全性を確保し、患者負担増大を防止、国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するものです。術前術後の検査、診察、投薬などは健康保険の適応となります。任意保険に入っている方は、先進医療特約が使える場合があります。詳細は保険会社に問い合わせください。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの比較

単焦点眼内レンズ

通常白内障手術の際に挿入する単焦点眼内レンズは、一点しか焦点が合いません。
例えば、遠くに焦点が合っている場合には近用の老眼鏡が必要となり、近くに焦点が合っている場合は、遠方用の眼鏡が必要となります。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは遠くと近くに焦点を合わせることで、眼鏡の使用頻度を減らすことが期待できますが、中間距離のピントが少し甘くなります。

単焦点レンズに比べると、暗所で光が散乱し、光の周辺に輪が架かって見える現象(ハロー・グレア現象)を自覚しやすくなります。しかし手術後、数カ月のうちにほとんど気にならなくなる方が多いようです。

多焦点眼内レンズの種類

多焦点眼内レンズにも種類がありますので、ご紹介いたします。
大きく分けて屈折型、回折型の2種類があります。

屈折型

レンズ部分に同心円上に遠・近・遠・近・遠と異なる屈折力の部分が交互に繰り返される構造です。5焦点ゾーンを持つレンズとしてReZoom®(AMO社)があります。日中瞳孔が収縮する高照度条件における遠方視力に優れ93%の方に遠方用眼鏡を必要としないデータもあります。

遠方がクリアに見え、近くは新聞の見出しなどが単焦点眼内レンズよりも見える点が特徴です。ただし、長時間の読書や細かい字を読むときに眼鏡が必要になることもあります。回折型よりも近くの見え方は劣りますが、中間、特に1m前後の見え方は良好です。したがって、遠方と中間距離をよく見たい人に向いているレンズです。回折型のようなコントラスト感度への影響がないため、遠方の見え方は非常にクリアです。

このレンズデザインは瞳孔径に大きく影響されますので、加齢とともに瞳孔径が小さくなっている場合は、レンズ機能を十分に使えない場合があります。その他、夜間に光がまぶしい、光のまわりに輪が見えるといったハロー・グレア現象を手術後早期に感じることがあります。

回折型

回折型多焦点眼内レンズは、光学部に階段上の段差をつけて入ってくる光を回折現象により遠用と近用に分配し、2カ所に焦点を形成させて像を結ぶ原理となっています。

TECNIS®マルチフォーカルの光学部表面はコントラスト感度を低減させないために球面収差がほぼゼロになるような非球面構造になっています。 これにより明所視下はもちろんのこと、暗所視下でもハイレベルな見え方が得られます。

※回折とは媒質中を伝わる波動に対し障害物があるとき、その背後など幾何学的には入りこめない場所に入っていく現象のことを言います。

TECNIS®マルチフォーカルの各種照度下における視力

  • 高照度下での優れた近方視力
  • 高照度下での優れた遠方視力
  • 低照度下での優れた近方視力
  • 低照度下での優れた遠方視力

    低照度下に最適な非球面・回折型のレンズ表面

  • 非球面・回折型のTECNIS®Multifocal光学部が提供する球面収差補正、色収差補正、そして瞳孔への非依存性。これら3 つの特長の組み合わせにより、ハイレベルな見え方が低照度下でも得られます。
  • 球面収差は瞳孔径が大きくなるほど増大しますので、TECNIS®テクノロジーは、特に低照度下での見え方の改善に効果があります。

アポタイズ回折型

回折型の構造を変化させたアポタイズ回折型としてReSTOR®(アルコン社)があります。光エネルギー配分を最適にするアポダイズ回折領域と屈折領域の組合せにより、遠方、近方での良好な視力を提供します。

アポタイズテクノロジーは、一般的に瞳孔径が小さくなる近方視時には、近方への光エネルギー配分を大きく取り良好な近方視が可能です。一方、瞳孔径が大きくなる夜間においては遠方への配分を重視し、コントラスト感度低下や夜間に光がまぶしい、光のまわりに輪が見えるといった「ハロー・グレア」の原因となる近方への光エネルギー配分を抑えられます。

レンズの特殊デザインで入射光を2分していますので、遠くの見え方が若いころに比べて多少劣ると感じる方がいます。これはコントラスト感度低下によるもので、日常生活に支障があるほどではありませんが、気になる方はいらっしゃいます。両眼に回折型レンズを挿入することで、コントラスト感度は正常範囲になり、見え方の質は向上するでしょう。また、このレンズは乱視の影響を受けやすいので、乱視が強い方では、乱視矯正手術の追加が必要な場合があります。現在回折型は加入度数の違う2種類のレンズがあります。詳しくは、担当医とよく相談してください。

+4.0D加入回折型多焦点眼内レンズ
このレンズは遠くと近く(約30cm)にピントが合い、その間の距離は場合によって見えにくいと感じることがあります。楽譜を見る場合などに限り、眼鏡を使う方もいらっしゃいます。眼鏡使用率は約1割と使用頻度はかなり減らせる事が可能です。
+3.0D加入回折型多焦点眼内レンズ

このレンズは遠方とやや近方の距離(40cm前後)にピントが合います。すなわちパソコン(デスクトップ)や楽譜などの距離が見やすいレンズです。近方の焦点が40cmにあるため、長時間の読書や裁縫時に一時的に眼鏡を使用する方もいらっしゃいますが、日常の眼鏡使用率は全体の約1割です。

多焦点眼内レンズについてのよくある質問

多焦点眼内レンズはどういうメリットがありますか?

生活スタイルによります。一番良いことは眼鏡から解放される時間が増えることです。細かい字などを見る場合は眼鏡が必要なことはありますが、日常生活において老眼鏡を使う時間は少なくなります。裸眼で暮らしたいという希望が強い場合は多焦点眼内レンズが良いかも知れません。

遠くも近くも見えると言うことは若いときのような見え方ですか?

残念ながらそうではありません。若いときは遠くも近くも中間も、全てのところがはっきり見えますが、多焦点眼内レンズは遠くと近くの2カ所にしかピントが合いません。

最近では、レンズの改良により中間距離もだいぶ見えるようになってきましたが、若い時みたいに鮮明には見えないのです。期待が大きいと期待はずれになります。またレンズのタイプによって、ピントの位置が微妙に異なりますので、よく医師と相談の上、慎重に決めてください。

すぐには慣れないことがあると聞きましたが。

手術翌日からよく見えるという方もいれば2,3ヶ月してやっと慣れてきて見えるようになってくる方もいます。個人差がありますので一概には言えませんが、手術後にすっきりしなくても焦らずに慣れていくのを待つと良いでしょう。

遠くも近くも見えるようになる他の方法はないのですか?

通常のピントが1カ所にしか合わない眼内レンズ(単焦点眼内レンズ)で通常よりも少し手前にピントを合わせる方法や、効き目を遠くに、もう片方を近くに合わせるモノビジョンという方法もあります。これもメリット・デメリットがありますので、詳しくは医師にご相談ください。

多焦点眼内レンズを入れてどうしても慣れない場合はどうするのですか?

だいたい3ヶ月は慣れるのを待ちます。どうしても慣れず何とかしたい、というときはやむを得ず眼内レンズの摘出を行い、通常の単焦点眼内レンズを入れ直します。しかし、これはリスクを伴うためあまりおすすめしません。

ページトップへ