網膜硝子体治療|福岡市の眼科|白内障・網膜硝子体手術・緑内障手術|望月眼科

よくある質問

穴がふさがらないことはありますか?

近視がとても強いタイプや穴が空いてかなり時間が経っているものは穴が閉じにくいことがありますが、通常のものであれば穴はふさがることがほとんどです。

黄斑円孔といわれましたが手術しないといけませんか?

黄斑部に穴が空いてしまった場合、まれに自然に治ることもありますが、早めに手術をした方がよいでしょう。時間が経ってしまうと黄斑部網膜が傷んで手術をしても治りにくくなりますし、視力も回復しにくくなります。

術後にどれくらいの期間のうつぶせが必要ですか。

黄斑円孔の手術は、眼のなかに空気または特殊ガスを充満させて終わります。円孔のなかに水が溜まらないようにするため、空気が黄斑にあたるよう、術後はうつ伏せで過ごさなくてはなりません。以前は、1週間うつぶせを継続していましたが、最近はうつぶせなし、あるいは1日のうつぶせでも治ることがわかってきました。望月眼科では、術前の円孔の大きさなどを参考にし、できるだけ患者さんの負担を軽減できるように、過去のデータを元にひとり一人のうつぶせ時間を決めております。

手術の危険性はありますか。

他の病気と比べると、手術中に網膜裂孔が生じやすいとされていますが、術後に網膜剥離になることは稀です。

 

歪みなどの症状は治りますか。

多くの方は、術前よりも術後のほうが視力は良くなります。また、歪みや見えない中心部分はかなり回復しますが、若干症状が残る場合もあります。術後1年で視力1.0以上になる確率は、約40%という報告もあります。

手術はいつしたらいいですか。

初期の黄斑円孔は自然に治ることもあるため、しばらく経過をみます。しかし、ある程度進行した黄斑円孔は、自然には治りませんので硝子体手術が必要です。黄斑円孔に対する硝子体手術は、一般的に術前視力が良いほど、年齢が若いほど、そして穴(円孔)が小さいほど、視力の回復がいいとされています。

手術は痛いですか?

局所麻酔で30分ほどの手術です。手術の痛みはありません。

硝子体手術は術後にうつぶせになる必要があると聞きましたが。

黄斑上膜の手術で術後はうつぶせが必要なことはほとんどありません。

どのくらいすると見えるようになってきますか?

膜を剥いでもすぐには見えるようにはなりません。2,3ヶ月して落ち着いていきます。数ヶ月で徐々に視力が改善していく感じです。

黄斑上膜といわれ手術しても歪みが残ると言われましたが。

黄斑上膜の手術を受けた多くの方は、歪みは軽くなります。しかし一方で、膜を剥いでもむくみ(黄斑浮腫)や歪みが残ることもあります。悪くなるのを防止する、少し改善させる手術という位置づけです。

 

ページトップへ