よくある質問

レーザー治療等を受ければ大丈夫ですか?

適切に治療すればかなりの確率で網膜剥離の発症予防や拡大防止が可能です。レーザー治療にて網膜剥離の拡大が防止できないと考えられる場合は、レーザー治療は行わず初めから強膜内陥術(バックリング手術)または硝子体手術を行います。

安静は必要ですか?

病状により異なりますが、場合によっては網膜剥離の発症予防や拡大防止のため1週間ほど安静が必要な場合があります。

 

レーザーを勧められましたが放置したらどうなりますか?

網膜裂孔を放置することで網膜剥離が起きる可能性が高い場合です。そのまま網膜剥離が起きない可能性もありますが、網膜剥離が拡大していった場合は手術が必要になります。

 

 

穴が開いていたら必ず治療が必要ですか?

放置することで網膜剥離が起きる可能性が高い場合は、レーザー治療を行い網膜剥離への進展を防止します。

 

 

レーザー治療は痛いですか?

網膜裂孔の場所などによって異なりますし、個人差があります。少々痛みますが基本的には点眼麻酔で頑張って頂きます。どうしても痛みがある方にはブロック麻酔を行います。

ページトップへ