拡張工事 2019|福岡市の眼科|白内障・網膜硝子体手術・緑内障手術|望月眼科

新着情報

新着情報

 拡張工事 2019

こんにちは、事務の古賀原です。
暖冬が続いて日中はぽかぽかと暖かいですが、朝晩は冷え込みますので体調を崩されないようお気をつけください。

この度、2019年の秋から行っていた院内の拡張工事が完了致しました。
工事期間中におきましてはご不便、ご迷惑をおかけして 誠に申し訳ございませんでした。
2ヶ月ほど要した甲斐もあり、全体的にゆったりとした空間が生まれてより快適に過ごしていただけるようになったと自負しております。
それでは、新しくなった望月眼科をご紹介させて頂きます。

【1階】
診察室が1室増えて5室となり、涙洗の処置やレーザー治療などを行う処置室もより広い部屋に移動しました。処置室には新たにリクライニングシートも設置して、リラックスした状態で処置を受けていただけるようになっています
また、各診察室の入口上部に診察室番号を表示させたサインを取り付けました。離れた場所からでも診察室の番号が見えやすくなっています。
 
【2階】
暗検査室の場所を移動して、より広いスペースで検査ができるようになりました。広くなった分、視野検査器機などの台数も増やして、よりスムーズに検査を進められるようになっています。
もともと暗検査室があった場所には、一部の壁を取り払うことで生まれた空間を活用して視力検査台を並べました。また、待合にはカウンセリングコーナーも設置しました。こちらでは、白内障手術の事前説明を行ったり、タブレットで他の眼科手術の説明動画をご覧いただきます。
 
他にも、車椅子マークを追加したり、2階の各検査室の入口上部にもサインを取り付けるなど、様々な箇所に手を加えています。
まだ至らぬ点や行き届かない点もございますが、患者さんにより良い医療サービスを提供することはもちろん、少しでも快適に過ごしていただけるよう、今後より一層、努力して参ります。
ページトップへ