新着情報

新着情報

乱視検査機器の最新モデルを導入しました(ベリオン)


このたび望月眼科では、白内障手術ガイドシステムVERION(ベリオン) 3.1 イメージガイドシステムを導入致しました。

白内障手術では人工の眼内レンズを目の中に固定します。この眼内レンズの位置は、手術後の見え方に重要です。特に乱視矯正眼内レンズではわずかな位置のずれが見え方の低下につながることがあります。例えば乱視が残ってしまうと、術後に乱視矯正のための眼鏡が必要になる事がありますが、乱視が十分に矯正されることで、裸眼視力が向上し眼鏡が不要になる事が期待できるのです。

従来はこの眼内レンズの位置を医師の目による目測で判断し、決定していました。しかし、今回導入したこの最先端器機・ベリオンでは医師が手術中に見ている顕微鏡に、眼内レンズを固定するべき中心の位置や乱視の角度を表示することができます。

手術前に眼球の特徴をとらえておき、それを元に手術中に正確に角度を表示することが出来るので、コンピューター管理された設計図通りの手術が可能になるという革命的な手術器械なのです。術中にこの器械を使用することです、乱視の矯正をより正確に行う事が出来るようになりました。また非接触型の機器で検査時間も短いので、患者さんへの負担も少なく検査を行うことができます。

先日、検査に関わる視能訓練士、手術に関わる看護師でこちらの機器の研修を受けました。
研修の様子です。

検査を担当する視能訓練士

OPE室での器械の操作を担当する看護師

それぞれ研修を受けました。

 

現在乱視矯正眼内レンズを使用する際には、この最新機器【ベリオン】を使用し、手術を行なっております。

望月眼科は、これからも新しい技術を取り入れつつ、患者さんへ安心かつ適切な医療を提供して参ります。

ページトップへ