ライカ社 最新型Proveo8手術顕微鏡を導入しました|福岡市の眼科|白内障・網膜硝子体手術・緑内障手術|望月眼科

新着情報

新着情報

ライカ社 最新型Proveo8手術顕微鏡を導入しました

こんにちは、看護師の武末です。
今日はこの度新しく導入された顕微鏡をご紹介します。

皆さんは「顕微鏡」と聞いてどんなものを思い浮かべますか?

↑こういうのを想像したのであれば、今からご紹介する「Proveo8」は一見すると「顕微鏡」には見えないかもしれません。

こちらがライカマイクロシステムズ社の「Proveo8」。ちょっとした産業用ロボットのようです。
眼科の手術は目の中で小さく繊細な器具を操って行ないます。
そのため、顕微鏡は必須です。さらに医療機器の世界もハイビジョン化が進んでいます。
「Proveo8」の大きな利点は、4本の同軸LED照明と革新技術で深くなった焦点深度です。このおかげで術者が見ることができる領域が広がりました。
白内障手術などの前眼部手術においても、網膜剥離手術などの後眼部手術においても高解像度の観察が可能です。

 

眼科の手術は症例により光量、焦点などの設定も異なります。従来はその都度調整していましたが、Proveo8は各手術ごとに設定をすることができます。術者は決められたフットスイッチのボタンを操作するだけで、手術をスムーズに進行できます。

器械を調整する手間を減らし、その分手術に集中して患者さんのケアをしっかりできると言う意味で、患者さんにとっても良い器械と言えるのではないでしょうか。

さらに私たち看護師にも利点があります。
術者・アシスタントカメラのいずれにも同一の画像が提供されるので助手や看護師が側視鏡(助手側の顕微鏡)を覗かなくても手術の進行状況がわかります。器械出し看護師をしていて次の展開を予想して行動することがしやすくなりました。
(器械出しとは手術室内で医師の近くでメスやペアンなどの器具を渡す作業のことを指します)

また、顕微鏡を操作する時に使用するフットスイッチもコードレスです。コードが絡まらず、フットスイッチの置き場所に幅が広がりました。
あとは見た目の変化が大きいなと思います。今まで使用してきた細身な顕微鏡からボディがゴツく存在感たっぷりな顕微鏡になりました笑

 

ページトップへ