痛くない! 涙でわかるアレルギー検査|福岡市の眼科|白内障・網膜硝子体手術・緑内障手術|望月眼科

ブログ

ブログ

痛くない! 涙でわかるアレルギー検査

最近目がかゆい。なぜかわからないけれど涙がでる。めやにもいつもより多い気がする…。

「ばい菌がはいった?」「うつる?」「保育園には行ける?」「それともアレルギー?」「もしかして花粉症?」

そんな風に迷ったときは、簡単な検査でアレルギーかどうか見分けることができます。

専用の検査キットに涙をとり、しばらく待つと、ばい菌によるものかアレルギーかが判別できます。

アレルギーの検査というと、採血をしないといけない、採血は痛そうというイメージがあるかと思います。しかし、この検査では涙を使うので、血液検査のように痛みを伴いません。

この検査では、アレルギーの原因が何なのかまではわかりません。花粉症か、動物アレルギーなのか、はたまたハウスダストかをはっきりさせるには、血液検査が必要になります。ですが、この涙の検査でばい菌のせいではないと分かれば、お子さんの通う保育園や小学校にアレルギーだと説明することができます。

また、アレルギーとわかった時点で、心当たりのあるものを遠ざけるなどして、対策をとることもできるようになります。

例えば、暖かくなってから症状が出たのなら、アレルギーの中でも花粉症かもしれません。そうなれば、天気予報の花粉飛散情報などを参考にできます。ひどくなりそうな日には、マスクをしたり、衣類に気をつけたりと、先手をうって対策をとることができます。

ページトップへ