手術などでお支払いが高額になった時に|福岡市の眼科|白内障・網膜硝子体手術・緑内障手術|望月眼科

ブログ

ブログ

手術などでお支払いが高額になった時に

手術や注射、レーザーなどをされて、窓口負担金が高額になった場合。

医療費を抑えることが出来る制度をご存知ですか?

ご利用いただける制度は2つあり、事前に手続きをする「高額自己負担金限度額申請」と、後に払い戻し手続きをする「高額療養費」があります。

本日は、事前に手続きをする「高額自己負担金限度額申請」についてご案内します。

この制度は、保険証と併せて「限度額適応認定証/標準負担額認定証」を医療機関等の窓口に提示することで、1ヶ月の窓口支払いが上限額までとなる制度です。

上限の金額は、年齢や所得などに応じて定められています。

例えば70歳以上で1割負担の方は、窓口費用の総額は12,000円までとなります。事前の手続きは必要ありません。また、3割負担の方は上限額44,400円です。

70歳以上で非課税世帯の方、70歳未満の方は所得により上限額が異なります。

この制度を利用するには、事前に加入している健康保険の窓口で「限度額適応認定証/標準負担額認定証」の申請及び発行が必要です。(ご自身が住民税非課税世帯かは、役場へお訊ねください。)

ご質問がある方や詳しく知りたい方は、スタッフもしくは加入されている健康保険窓口までお声かけ下さい。

ページトップへ