ぶどう膜炎|福岡市の眼科|白内障・網膜硝子体手術・緑内障手術|望月眼科

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎とは

虹彩、毛様体、脈絡膜の3つをまとめてぶどう膜といい、これらの組織に炎症が起こることを「ぶどう膜炎」といいます。ぶどう膜炎は、ぶどう膜自体に炎症が起こる場合と、全身のほかの臓器に起こった炎症がぶどう膜にも起こる場合とがあります。ぶどう膜は血管が非常に多い組織で血流が豊富なため、他の臓器からの炎症が及びやすいのです。ぶどう膜炎の原因として、ベーチェット病、サルコイドーシス、原田病が多く、その他として膠原病や感染症、悪性腫瘍などがありますが、原因不明のこともあります。原因を見つけるために、ツベルクリン検査や血液検査、前房水(眼の中の水)検査などを行うことがあります。明らかな原因が見つからない場合は、内科などの他科を受診して頂くこともあります。

ぶどう膜炎の症状

虹彩や毛様体に強く炎症が起こった場合は“しろめ”が充血します。炎症が硝子体に起こると霧がかかったように見えたり(霧視)、飛蚊症を自覚し、また網膜剥離を起こしたりします。さらに、ぶどう膜炎が原因で白内障、緑内障を発症し、眩しさや視力低下を自覚することがあります。

ぶどう膜炎の治療

ぶどう膜炎は眼だけでなく全身に炎症が及ぶことが多いため点眼薬だけでなく内服薬、点滴治療が必要になることがあります。入院管理での点滴治療などが必要な場合は、入院設備のある病院をご紹介させて頂いております。

ステロイド薬
副腎皮質ホルモンで、炎症を強く抑える作用があります。使用頻度や期間によって副作用である白内障や緑内障を合併することがありますので、定期検査が必要です。また、炎症の程度や部位によって点眼、内服、注射、点滴を使い分けます。
コルヒチン
白血球の働きを抑える薬で、主にベーチェット病の発作予防に使われます。
免疫抑制薬
病状によっては免疫力を抑える薬を使用し治療します。
インフリキシマブ(レミケード)
TNF-α阻害薬といって、炎症を起こす物質の働きを抑え、ベーチェット病の炎症発作を起こしにくくします。2か月毎の点滴治療になります。望月眼科では行っておりませんので、治療の適応と判断した場合は、九州大学病院へ紹介しています。
硝子体手術

炎症が硝子体に及ぶと硝子体が濁り、視力が下がることがあります。硝子体手術によって濁りをとり、眼の中にステロイド薬を注入して治療します。

詳しくは硝子体手術

ぶどう膜炎についてのよくある質問

ぶどう膜炎と言われましたが、原因がわかりません、大丈夫でしょうか。

原因を見つけることは治療方針を決定する上で非常に重要ですが、最終的に原因がわからないことはよくあります。注意深く経過をみながら、治療を行っていきます。

ページトップへ