新着情報

新着情報

選定療養について|多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

選定療養とは、社会保険に加入している患者が、追加費用を負担することで保険適用外の治療を、保険適用の治療と併せて受けることができる医療制度です。

当院では多焦点眼内レンズ(アクティブフォーカス、テクニスマルチ、パンオプティクス)を用いた白内障手術で選定療養の対象になりました。

日本眼科学会より引用

従来は多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は自由診療のため、全額自己負担でした。
しかし、一部の多焦点眼内レンズが選定療養対象となったため、それらのレンズを用いた白内障手術では手術費用が医療保険の給付対象となります。

詳しくはこちらを参照ください。

ページトップへ