クリニック紹介

施設紹介

  • 受付
  • 待合室
  • エントランス
  • エレベーター
  • キッズコーナー
  • 診察室
  • 処置室
  • 中待合室
  • 暗検査室1
  • 暗検査室2
  • 多目的トイレ

    (こどもトイレ、ベビーチェア、オムツ交換台)

  • 2F手術待合室
  • 2F検査室
  • 第1手術室
  • 第2手術室
  • リカバリールーム

機器紹介

  • スリットランプ(細隙灯顕微鏡)

    JFC社 ゴールドマン900BQLED
    前眼部から後眼部までの観察のため、日常の眼科診療に最もよく使用する機器です。眼瞼(まぶた)、角膜、結膜、虹彩、水晶体、硝子体などの各組織に光を当て顕微鏡で拡大してその組織の状態を詳細に観察できます。

  • 手持ちスリットランプ

    味の素社 XL-1
    乳幼児や高齢の方などで検査の椅子に移れない方はこの機器で目の状態を観察します。

  • オートレフケラトメーター

    TOMEY社 RC-5000
    眼の度数(近視・遠視・乱視)を調べます。また、角膜の形を同時に調べることも出来ます。視力検査の前に用いる「気球を見て、ピピッとする検査」です。メガネやコンタクトレンズ処方の予備検査としても欠かせない機器です。

  • 角膜形状解析装置

    TOMEY社 TMS-5
    角膜を緻密に計測し、解析する前眼部画像解析測定装置です。角膜の形状解析や厚みの解析、前房、後房の解析まで可能です。レーシックや角膜手術、ICLなどの特殊な手術の時にも有用な器械です。

  • ノンコンタクトトノメーター

    NIDEC社 NT-3000
    眼圧(眼の硬さ)を調べます。点眼麻酔が不要な非接触なので感染の危険がありません。眼に空気をあてて眼圧を調べます。

  • オートレンズメーター

    TOMEY社 TL-5000
    お持ちのメガネの度数(近視・遠視・乱視)を調べます。また様々なタイプの遠近両用メガネにも対応した機器です。この結果をもとに視力検査をすることでメガネ度数が眼に合っているか調べることが出来ます。

  • 無反射視力検査装置

    KOWA社 AVC505M
    5mの距離での標準的な視力検査表です。

  • スペースセービングビジョンチャート

    タカギセイコー社 SVCT-1
    1mの距離で視力を測定する検査です。液晶に視標が出ますが、他の人には見えないようになっています。距離が近い分は補正していますので5mでの検査と同じ条件です。

  • スペキュラーマイクロスコープ

    TOPCON社 SP-2000P
    角膜の内皮細胞(角膜が透明性を保つのに必須な細胞)を撮影する機器です。白内障などの手術の際は手術前後で測定することで、内皮細胞がどのくらい変化したか把握することができます。

  • ハンフリー自動視野計

    ZEISS社 HFAⅡ 740i
    視標は動かさずに視標の明るさのみ変えることにより視野内の感度を調べます。緑内障や黄斑疾患・視神経疾患などの早期発見や経過観察に有用な機器です。コンピュータ化によって検者の技術に左右されないという客観性があり、長期にわたる経過観察に優れます。さらにゴールドマン視野計では現れない様な微妙な感度低下も検出可能です。

  • ゴールドマン視野計

    タカギセイコー社MT-325UDi
    視標を周辺から中心に向かって動かし、見えた位置を結ぶことにより視野全体の広さを測定します。望月眼科では国家資格を持った視能訓練士が測定を行います。 緑内障、網膜や視神経疾患、脳内疾患による視野異常の有無を検査します。

  • 光干渉断層撮影装置

    TOPCON社 3D OCT-2000
    この機器は、高画質で高解像度の網膜の断層画像を得ることができる眼底3次元画像解析装置です。また、眼底カメラも搭載しています。糖尿病網膜症や加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症などの網膜疾患を詳細に撮影・解析できるため、早期の診断も可能になりました。また、緑内障診断補助のためのプログラムも強化され、日常診療にますます必要不可欠な装置になってきました。

  • 超音波画像診断装置

    TOMEY社 UD-1000
    超音波によって眼球の断面を画像化する装置です。眼内の混濁や硝子体出血などで眼底が見えないときに有用です。約10秒分の超音波像を常に記憶し、動画像で繰り返し再生表示することができます。

  • 光学式眼軸長測定装置

    TOMEY社 OA-1000
    光干渉を用いて眼の長さを測定する装置です。白内障手術で使用する眼内レンズの度数を決定するために必要な検査です。点眼麻酔が不要な非接触型ですので角膜障害や感染の危険がありません。超音波型と比較し、測定誤差が少なく正確な結果が導けます。

  • 超音波式眼軸長測定装置

    TOMEY社 AL-4000
    超音波を用いて眼の長さを測定する機器です。白内障で濁りがとても強い場合、IOLマスターでは測定困難となるのでこの超音波式で測定を行います。白内障手術の眼内レンズの度数を決定する際に必要な検査です。

  • Hessコージメーター

    はんだや社
    眼の動き(眼球運動)を調べる検査機器です。眼を動かす筋肉や神経系に異常が疑われる場合に用いて検査し、診断や経過観察に役立つ機器です。

  • iDesign アバンストウェイブスキャン

    AMO社
    人それぞれに固有な眼の歪みを正確に測定し、一人ひとりの角膜の歪みに合わせたオリジナルプログラムを作成する器械です。レーシック手術でレーザー照射する際の、切除量などを測定、計算します。

  • 白内障/硝子体手術装置

    ALCON社 ACCURUS
    白内障手術と硝子体手術を行う眼科手術装置です。これまでの手術機械よりもさらに進化した高性能、多機能を兼ね備えた機械です。安全で目に負担が少なく手術ができる機械で、コンピュータ制御でより安全に手術をすることができます。

  • 手術用顕微鏡

    Leica社 M844F19
    白内障、緑内障、硝子体手術などあらゆる眼科手術に対応できる顕微鏡です。

  • SLTレーザー・YAGレーザー装置

    ellex社 ソロ オフサルミックレーザー
    SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)は緑内障に対するレーザー治療機器です。緑内障の原因になっている線維柱帯にレーザーを照射し、眼圧を下げることができます。さらに、この機器は後発白内障に対する後嚢切開も実施可能な特性も持ち合わせたコンビネーションシステムです。

  • 光凝固レーザー

    ellex社 Solitaire
    糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症などの眼底疾患に対する治療機器で、レーザー光凝固治療を行います。

  • エキシマレーザー

    AMO社 VISX STAR S4 IR
    屈折矯正手術を行う機械です。
    0.65㎜~6.5㎜の範囲でレーザーの大きさを変化しながら、角膜にレーザーを照射します。一人ひとり異なる形状の角膜を正確に矯正し、視力を矯正します。

  • フェムトセカンドレーザー

    AMO社 iFS
    屈折矯正手術を行う際に、角膜にふた(フラップ)を作る機械です。フラップの厚みや大きさ、ヒンジ(フラップを支える部分)の位置や長さなどを自由に設定することができます。

  • カートリッジ専用エチレンガス滅菌器

    株式会社エルクコーポレーション社 Eogelk SA-N360
    手術器具の滅菌に使用し、徹底した衛生管理を行っています。

  • 高圧蒸気滅菌器

    株式会社エルクコーポレーション社 エルクレーブ・フルオート MAC-560
    手術器具の滅菌に使用し、徹底した衛生管理を行っています。

  • カセット式高圧蒸気滅菌器

    株式会社P&A社 STATIM2000S
    手術器具の滅菌に使用し、徹底した衛生管理を行っています。

  • アイケア手持眼圧計

    M.E.Technica社 TA-01
    角膜への接触はソフトで点眼麻酔なしで眼圧を測定することができます。
    小児や眼裂の狭い患者さんの測定も容易です。
    眼圧(眼の硬さ)を調べます。

  • オートレフケラト/トノ/パキメータ

    NIDEC社 TONOREFR lll
    眼の度数(近視・遠視・乱視)および眼圧(眼の硬さ)、調節機能を調べます。眼圧測定では進化した空気圧自動停止機能により、優しいエアー吐出になっています。 それ以外にも、アコモドメータ機能と徹照像撮影機能を搭載しています。
    ・アコモドメータ機能:眼精疲労や老眼、最近話題のスマホ老眼などでピントを合わせる力が低下していないか調べることが可能。
    ・徹照像撮影機能:白内障による水晶体の混濁の様子を撮影可能。

  • RF(電波)メス サージトロン

    一般的な電気メスは400KHz前後の周波数帯を用いるElectrosurgeryです。 一方、4.0MHzの高周波を採用しているRFメスであるサージトロンは、周囲の組織に与えるダメージが少なくスムーズに切開凝固ができます。 また、サージトロンは高周波により、より少ない出力で狭い範囲に熱を集中させることができます。 短時間の温度上昇により熱変性が非常に少なく、皮膚が黒く焦げた状態になることを抑えることができます。

ページトップへ