望月眼科

アイレーシックのおはなし|iLASIK(アイレーシック)は、ひとり一人の眼に合わせて、カスタムメイドで治療する次世代のレーシック術式です。

望月眼科のご案内

住所:
〒811-1346 福岡市南区老司4丁目1-45
TEL:
092-564-1001
FAX:
092-564-1002
診療時間:
平日 9:00~12:30/14:30~18:00
土曜 9:00~13:00
当院の治療一覧(一部抜粋):
25G硝子体手術、白内障手術、緑内障手術、網膜硝子体手術、糖尿病網膜症手術、涙目治療、小児眼科、一般眼科診療(ドライアイ・眼精疲労・加齢黄斑変性・結膜炎・ものもらい等)

医師のご紹介

院長 望月 泰敬

ご高齢の方からお子様連れのお母様まで安心して受診して頂けます。

私はこれまで大学病院などで急性期医療にかかわり、眼疾患の手術や治療法の開発に携わってまいりました。これらの経験を地域医療に活かしたいと考え、平成23年福岡市南区老司にて「望月眼科」を開院致しました。「望月眼科」では、網膜剥離や糖尿病網膜症などの重い病気の診療や手術を行い、高度医療の提供を目指すとともに、地域における「かかりつけ医」としての役割も重視しております。ご高齢の方からお子様連れのお母様まで、患者さんやそのご家族に安心して受診して頂けますよう、院内設備(バリアフリー、多目的トイレ、キッズスペースなど)の充実や感染対策に取り組んでいます。

また、日々丁寧な診療を心に留めながら患者さんとの対話を大切にし、気軽にご相談頂ける雰囲気作りを心掛けております。微力ではございますが、職員一同、地域医療に貢献すべく精進し、医療の高みを目指してまいります。

レーシックとは

厚生労働省により認められた安全性を持ち、両眼で10分程度の手術時間で視力が回復します。

レーシックとは、エキシマレーザーを角膜に照射し、屈折度数を変えることで近視・遠視・乱視を矯正する方法です。
両眼で10分程度の手術時間で視力が回復します。
レーシック先進国アメリカでの症例数は、年間130万件以上にのぼります。
日本では2000年1月に厚生労働省によりエキシマレーザーの安全性が認められ、屈折矯正手術が行われるようになりました。2000年以降、眼鏡やコンタクトレンズに代わる矯正方法として普及しています。

当院ではひとり一人の眼に合わせて、カスタムメイドのレーザー照射を行う次世代のiLASIK(アイレーシック)を採用し、九州でいち早く各種最新設備を導入。
従来のLASIK(レーシック)と比べ、カスタムメイドなので見え方の「質」が高まり、夜間または暗所でのクリアな見え方が実現可能です。
iLASIK(アイレーシック)は、その高い安全性・安定性の点から、アメリカ航空宇宙局(NASA)が宇宙飛行士に。アメリカ国防総省がパイロットに承認した術式です。

レーシックをおすすめする理由

近視だけでなく遠視・乱視の方も、最新のレーシックを受けることにより
裸眼視力を回復することができます。
レーシックとは遠くを見えるようにし、メガネやコンタクトレンズなしで
快適な生活を送れるようにする手術です。

レーシックのメリット

  • 裸眼で生活ができる。
  • 手術時間が約10分と短く、入院する必要がない。
  • メガネやコンタクトレンズのわずらわしさから解放される。
  • 手術後の視力回復が早い。
  • 裸眼による視力が一定以上必要な職業に就くことが可能。
  • コンタクトレンズと比べてランニングコストがかからない。
  • スポーツ・旅行・日常生活を快適に楽しむことが出来る。
  • 視力が短期間で安定して長期的に続く。
  • 手術中や術後の痛みがほとんど無い。
  • 軽度の近視から強度の近視まで矯正度数の幅が広い。

レーシックの流れ(手術前・手術・術後)

  1. 相談

    レーシックについて関心がありましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
    疑問・悩み・不安などにお答えいたします。

  2. 検査

    手術の前に、目の状態を確認するために適応検査を行います。
    詳細な検査で最適な手術方法を導き出します。

  3. 手術

    手術の日程が決まりましたら、注意点をお守りいただき、手術を受けていただきます。

  4. 術後

    定期検査は手術の翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後です。(PPK、ラセックは異なります)
    定期検査は、手術後の回復状態の確認や、合併症の早期発見のために非常に大切です。

レーシックマシンのご案内

アイデザインアイレーシックでした。

「iDesign」を用いて行う最新の「iLASIK」を「iDesigniLASIK」といいます。
下記の3つのシステムを駆使して行うカスタムメイドのレーシックのことをiLASIK(アイレーシック)と呼びます。

  • 目を解析するiDesignアドバンストウェイブスキャン

    前型のウェイブスキャンと比べて測定ポイントが5倍に増え、さらに低次収差と高次収差を、より精密に解析できるようになりました。人それぞれに固有な目のゆがみを正確に測定することができ、一人ひとりの角膜の歪みに合わせたオリジナルの照射プログラムを作成します。

  • 角膜にフラップを作るiFS イントラレース

    フラップの厚みや大きさ、ヒンジ(フラップを支える部分)の位置や長さなどを自由に設定することが可能です。フェムトセカンドレーザーは前型に比べてフラップ作成にかかる時間が20秒から8秒に短縮されました。また、マイクロケラトームに比べてフラップの厚さを正確に作ることができるため、角膜が薄い方や強度近視の方にも対応できます。

  • 角膜にエキシマレーザーを照射するビジックススター S4 IR

    0.65mm~6.5mmの範囲でレーザーの大きさを変化しながら照射が出来るので、一人ひとり異なる形状の角膜を正確に矯正することが可能です。

レーシック検査のご予約はこちら

は必須項目になります。

現在の視力矯正方法を教えてください
(複数チェック可)
 メガネ ハードコンタクトレンズ ソフトコンタクトレンズ 乱視用ソフトコンタクトレンズ その他 何も使っていない
検査予約第一希望日 月  
検査予約第二希望日 月  
検査予約第三希望日 月  
お名前
生年月日  年 月 
お電話番号
連絡方法の希望  メールでの連絡 電話での連絡
ご希望連絡時間帯
E-mail
検査についてのご質問